木工房ひのかわ

オーダー家具・手づくり家具なら熊本の「木工房ひのかわ」へ

よくある質問

ご満足していただける家具をお届けするために、皆さまの疑問や質問にお答えします。

オーダーについて

デザインや見積もりは無料でしょうか。
はい。無料で承っております。但し、詳しく打ち合わせ頂いたお客様だけを対象としています。ご了承ください。                     
母が使っていた古いタンスを持っています。多少傷んでいますが修理再生はできますか。
昔のタンスやテーブルなど無垢の木で作ってあるものは大抵修復可能です。壊れているところは修理しますし、金具の取り替えや再塗装を施す事により見違えるようになり大変好評頂いています。
ケヤキの板を持っていますがそれを使ってテーブルを作ってもらえますか。
可能です。床板や大黒柱など住宅の解体古材で作る事もございます。
オリジナルのギフト小物はオーダー可能でしょうか。
結婚式の引き出物などにオリジナルデザインの小物など承っております。その際、おしゃれなラッピングもご好評頂いております。
茶道具は作られますか。
はい。長盆、茶箱、胡弓台、袋棚、旅箪笥などの肥後古流の茶道具などは定番で作っています。
大きな家具以外に小さな物は作られますか。
文鎮やお箸などの小物もよくご注文を承っております。
製作されるのは全てオーダー品なのでしょうか。
殆どがそうですが椅子や小物などは定番製品もありますし、セミオーダーの製品も多数あります。またショールームには創作家具が常時展示してありますのでオーダーの際に参考にされるお客様にご好評頂いています。
合板を使った家具は製作されますか。
合板のコストパフォーマンスは否定できませんが、耐久性やシックハウスの心配など総合的に見て合板を使う事はお客様にとってデメリットのほうが大きいと考えますので弊社では基本的に使いません。しかし予算の関係上、あるいは将来の取り替えを前提にそれが可能な部分に一部使用する事も可能です。
漆塗りで仕上げてもらえますか。
はい。木目が透けて見える拭きうるしで仕上げます。
オーダーだと価格が高く手が出ないという気がしますが...。
確かに既製量産家具と比べたら価格は高くなります。しかし、見積もりをした多くのお客様から「想像していたより随分安い」との言葉を頂いています。無駄な装飾を廃し日常生活の道具として永年使える耐久性、毎日心地良く使える満足度、安全な仕上げの安心感、世界にひとつしかないオリジナリテイなど製品の「価値」を考えた場合むしろリーズナブルではと思います。最近のオーダー件数の増加がそれを証明している気がします。
どんな木が良い木なのでしょうか。
基本的に良い木悪い木というのは有りません。強いて言えば害虫に弱い木、捩じれて育った木は使いたくありません。それ以外はその木の長所を活かせるよう適材適所に使えばすべて良い木と考えます。